健康のコツってなんだ?!

今の世の中は健康になるということにフォーカスが合っています。

 

とにかく健康になりたいという人が多く、そして様々な健康法が提案されているのです。

 

例えば、ウォーキングダイエットやグリーンスムージーを飲むこと等があります。

 

健康になるための方法はたくさんあるということです。

 

しかし、それらの中から何が一番良いのかを探しだすのは簡単なことではありません。

 

自分にとって一番良い健康法を見つけ出すことが大切なのです。

 

健康になるために一番最初に考えなければならないのは規則正しい生活をすることです。

 

どれだけ運動をしたり、美味しいものを食べても睡眠をしっかり取らなければ健康になることは出来ません。

 

逆に、あるていど規則正しい生活をしていれば、気がついた時には健康になっているものであります。

 

健康とは意識して作り出すものでは無いのかもしれません。

 

とは言ってもすぐに健康になりたいと考えている人は多いものです。

 

そのような人はお金を惜しまずにサプリメントを購入すればよいものです。

 

パソコンを使って目を酷使するような仕事をしているならば、ブルーベリーサプリメントを飲むと良いです。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目をケアしてくれるのです。

 

そして、魚が不足していたり、血液中の中性脂肪が高くて医者から指摘されたという人は、DHA・EPAサプリを飲みながら運動するといいでしょう。

 

 

健康的な暮らしをサポートするかかりつけ医

 

かかりつけ医の存在は、健康的な生活を強くサポートしているのではないかと推測されています。

 

多くの人がかかりつけ医を有しているとされており、体調がすぐれない際には特定の病院を受診していると考えられています。

 

そのため、かかりつけ医では患者の体調に関する状態を把握している場合も多く、過去の疾病の経歴などを踏まえて治療がなされていくのではないかと思います。

 

軽度の風邪の症状であっても、どの治療薬が適しているかを理解しており、早く風邪を治療できる可能性が高くなっていると言えるのではないでしょうか。

 

このようにして、大半の人々が近くの病院などをかかりつけ医として認識するようになりつつあるため、健康の維持をサポートする存在としての認識も強くなりつつあります。

 

適切な治療が展開されることに加えて、健康に不安を感じている際にはその状況を解消する役割も着実に担うようになり始めているのではないかと思います。

 

今後はこれまで以上に、かかりつけ医の存在が大きなものとしてクローズアップされると予測されており、関心の度合いが飛躍的に向上するとみらられています。

 

複数の観点からの健康維持や心身のケアをサポートしていくのではないでしょうか。

 

 

健康好きな友達の生き方をここで挙げます

 

ハッピーランドという出会い系サイトに、健康をテーマにした女性がいました。

 

嘘やろ?と思われるかもしれませんが、プロフィールに「健康心理カウンセラー」と書いてました。

 

要するに、ホリエスティツクとかオーガニックなど健康に良い食材を研究しているようで彼女自身リフレクソロジーなどの資格も持っていました。

 

健康と心理学がその方は得意分野としていて、心理学のミラーニューロンの法則とか、吊り橋効果など専門用語も会って話す時はいろいろ熱く語られていました。

 

その方の言葉で名言があります。

 

「健康な肉体は必要だけど健康な肉体と精神とともに良い状態にするには笑いの大切さは忘れてはならない」と言ってました。

 

いくら健康な肉体だと言っても心が悪ならそれは人間としてよろしくないそうです。

 

そんな悪な心も笑いで吹き飛ばそうよという考え方です。

 

笑いが多ければガンとか吹き飛ばせるのではないかとよく言ってました。

 

確かにその方が言うように笑うとセロトニンとか脳内に良い物質が分泌され健康に良い事は科学で実証されてきました。

 

自他共に認める健康オタクなその女性とは深い付き合いにはなりませんでしたが、健康医学と心理学を併用させた本も出版するんだと言ってたので夢が叶っておればいいのにと思ってます。

 

 

健康運動は自分の体に合わせて

 

健康のために運動をする、私も友人とストレッチをするのですが、体の反対曲げ伸ばし、で、思わずぐきっとなったことがあります。

 

別の知人が、肩凝りや背中の張りに悩んでいるとのことで、一緒に体を動かしてみるのですが、次の朝、足腰が・・・ということもしばしばです。

 

とはいえ、運動不足が重なると、カロリー消費も滞るので、運動は健康にとって欠かせません。

 

先輩が、やっぱりラジオ体操でしょう、というので、ふと学生時代を思いだし、なんだか・・・と思ったのですが、あなたは正しくラジオ体操が出来るの?と聞かれ、ハッとしました。

 

そういえば、スタンプをもらうためにしかたなく、早起きして会場に出掛け、寝ぼけ眼で、腕をふりふり、首だけ、上下させ、何ともやる気のない体操だったと振り返ります。

 

何でもないような動きですが、これを正しくやってみれば、意外に体のあちらこちらを動かさなければ出来ないことに気づきます。

 

子供から大人まで、健康のために行われているラジオ体操です。

 

そうか、難しい物をする前に、すでに経験がある運動をきちんとして見よう、部屋の中ででも出来るのだから、と思い毎日実践です。

 

友人のように急にジャズダンスやヨガを始める前に、自分の体と相談して、自分にあった運動で健康的な体づくりです。

 

 

健康維持を目的とする習慣の多様化

 

健康維持のために行われている習慣は、多様化の傾向が見受けられるようになりつつあると考えられています。

 

多くの人たちが独自に健康維持の方法を模索するようになったため、このような傾向が顕著なってきつつあるのではないかと思います。

 

複数の点から健康へのアプローチをかける動きも顕著になってきつつあることから、多数の分野や業界からの注目も寄せられ始めています。

 

日本国内においては、人によって生活習慣に幅が生じる状況が構築されるようになり、健康的な状態を保つための方策は多彩になってきています。

 

食事の面で栄養バランスを整えたり、毎日同じリズムで睡眠や休息をとったりするケースが最も多いと考えられており、それらの方法に個々がアレンジを加えていると推測されています。

 

特定の食物を毎日食べることや入浴時間を設定することなど、各々の人が気持ちをゆったりさせることができる方法も数多く存在しています。

 

そのような取り組みも健康の維持や増進には大きく関与していくと考えられているため、重要なポイントのひとつとして挙げられているのではないでしょうか。

 

今後も多岐にわたる習慣が、健康維持のために実践されていくではないかと見込まれています。

 

 

料理が苦手な私の味方

 

主婦歴3年目の私ですが、料理が一向に上手くなりません。

 

未だに目分量で調味料を入れることすら出来ない状況です。料理のセンスなんて微塵もありません。

 

そんな私の強い味方なのが、クックパッド。
クックパッドを見れば、冷蔵庫に余っている食材で
何を作れば良さそうかすぐに検索できるので本当に助かっています。

 

特につくれぽが多いレシピや1度作っておいて美味しかったレシピはお気に入りに登録しておいて、
いつでもすぐに見てリピート出来るようにしています。

 

他にも料理の苦手な私にとって助かるのが、混ぜるだけの調味料ソースです。
食材さえ揃えれば、レシピはソースの入れ物に書いてあるし、
味もばっちり決まるので失敗無しで作る事が出来てとっても助かります。

 

料理が苦手といってもお惣菜ばかりの食卓では味気が無いし、
クックパッドや調味料ソースといった便利ツールを使って毎日頑張って台所に立ちたいと思います。

 

住宅ローンの固定金利と変動金利で悩む

 

来年、住宅を購入する予定です。そこで悩むのがやっぱり住宅ローンの事。
固定金利か変動金利かどちらで借りるのか本当に頭を悩ませている状況です。

 

今は金利がとても低い時代だから変動金利の1%を切る金利というのは本当に魅力的だし、
住宅ローン減税が適用される10年間は、上手く行けばほとんど無利子で住宅ローンが
借りられるくらいなんじゃないかって思ってしまいます。

 

あくまで私の勝手な推測だけれど、金利なんて当分上がる気がしないし、
固定金利で借りるのは勿体ないんじゃないって感じてしまったりもします。
まあ固定金利なら、金利上昇のリスクにドキドキせずに済むので、返済計画は立てやすいかもしれませんが。

 

けれど株を買う時と一緒で、返済し終わった時にどちらが得だったかなんて誰も分からない事ですよね。
今のところ理想は、変動金利で借りてどんどん繰り上げ返済をしていって、
早い段階で金利上昇時に耐えられる残債まで減らしていく事かなって思っています。